中東・アフリカでの活動の背景

2015年12月より、アイキャンは紛争が長引くイエメンを皮切りに中東・アフリカでの活動を開始しました。喫緊の課題である紛争下で生活する人びとの食糧提供を、地元の協力団体とともに実施しました。その間に隣国ジブチに、数多くのイエメン人難民の流入があることを受けて、2016年2月からジブチでの活動も開始しました。

紛争下の活動(イエメン)

イエメンでは、2015 年3月に紛争が激化して以来、空爆や戦闘によって多くの人びとの命が犠牲となりました。また、紛争が原因で経済と物流が止まり、深刻な食糧不足に苦しんでいます。アイキャンは、2015年12月よりイエメン国内において食糧の提供を継続しています。

詳しく見る

難民キャンプでの活動(ジブチ)

世界中の難民の数は年々増え続けており、*2019年末には世界人口の1%に相当する7,950万人とされています。「アフリカの角」に位置するジブチ共和国にも、隣国の危機から逃れた人びとが生活しており、そのうち約半数は18歳未満の子どもたちです。
*出典 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) Global Trends: Forced Displacement in 2019

詳しく見る

干ばつ地域での活動(ソマリランド)

ソマリアでは、2011年干ばつと食糧高騰に起因する飢饉により、約26万人の命が失われました。その後も毎年のように、水不足により、多くの人びとや家畜への被害が出ています。アイキャンは、ソマリランドの首都ハルゲイサ近郊において貯水池を建設し、付近のコミュニティへ水資源への確保を促しています。

詳しく見る