喫緊課題の食糧提供

2015年3月に内戦が激化し、長期間にわたり紛争が続く中東のイエメンでは、2,000万人以上の人びとが食糧不足に直面しています。アイキャンは同年から紛争地で人命確保のため、物資提供を実施しています。

西岸地域における物資提供

イエメン西岸地域は戦闘の激戦地であり、たくさんの人びとが家を追われ国内避難民として生活しています。家や収入を失い生計を立てることが困難ななか、日々の食事にこと欠く人も少なくありません。アイキャンは2015年からハッジャ州、ホデイダ州、タイズ州において食糧や生活必需品の提供を行っています。

▼イエメンの物資提供の様子

首都サナアで暮らす子どもたちの栄養改善

2020年4月から首都サナア市で暮らす子どもたちの栄養改善に向けた活動を実施しており、2歳から5歳の子どもたちを対象に粉ミルクを提供しています。また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、子どもたち自身で実践できる予防対策をまとめたリーフレットの配布も行いました。

イエメンでの食糧提供事業の終了について

イエメンでの食糧提供の活動は2020年4月30日をもちまして、終了いたしました。

皆さまからのあたたかいご協力によって、アイキャンは2015年よりイエメン紛争の影響を受けた方々に食糧や生活必需品を届けることができました。

今後は隣国ジブチ共和国の難民キャンプでの活動を通じ、イエメンを含む紛争地からジブチへ逃れ難民となった子どもたちを対象とした「保護・教育活動」に注力して事業を展開して参る所存であります。引き続き活動を応援いただけましたら幸いです。

イエメン国内では引き続き調査活動を継続していきます。