路上の子どもたち(マニラ)

フィリピンには、約25万人以上の路上の子どもが存在すると言われています。その数は誰も正確に把握できておらず、住所や出生登録自体がされていない子どもたちは、統計上の数字にすら表れることがありません。
日々の空腹や、家庭内での暴力、さらに社会からの差別や偏見に苦しみ、辛さを忘れるために薬物に手を染める子どもも少なくありません。

詳しく見る

 

ミンダナオ紛争下の子どもたち

フィリピン南部のミンダナオ島では、政府軍と反政府軍(MILF)との間で、40年以上武力衝突が続いています。この紛争のために、過去20年間で約12万人が殺害され、約200万人が土地を追われました。
紛争を経験してきた子どもたちの多くは、大切な人や家を失い心に傷を負っており、変えることの出来ない自身の苛烈な体験を「憎しみ」として抱いたまま、憎しみを他者に向ける粗暴な行為に走る姿も散見されます。

詳しく見る

 

ごみ処分場地域の住民・子どもたち

廃品回収で得たプラスチックや廃材などの資源を換金することにより収入を得ている人びとの多くは、法定最低賃金の1/4程度の収入しか得られず、一日に三回の食事が出来ず極度の栄養失調の状態にあることが少なくありません。
電気や上下水道などの社会インフラ設備や公共サービスへのアクセスも安定しておらず、さらに劣悪な衛生環境が住民に深刻な健康被害をもたらしています。

詳しく見る

 

自然災害の影響を受けた人びと

7000以上の島からなるフィリピンは、地震、火山、台風などあらゆる種類の自然災害の影響を容易に受ける国のひとつで、気候変動によってその脆弱性はさらに増しつつあります。
社会サービスが成熟していない地域での災害は、発災直後には自治体の自治・サービス機能が止まってしまうこともあるため、被災地へは迅速に必要な物資や労働力を届けることが必要不可欠です。

詳しく見る