組織概要

名称 特定非営利活動法人 アイキャン(ICAN)
英語名:International Children’s Action Network(ICAN)
事務所所在地(本部) 〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3丁目5-4矢場町パークビル9階
地図はこちらから
設立年月日 設立1994年4月1日(法人化2000年7月25日)
設立背景 フィリピンを訪れた会社員が子どもたちの置かれた現状を前にして、「何かできることがあるはず」と思いたち、友人と集めた5万円をもとにして1994年に団体が設立されました。
代表理事 鈴木 真帆(特定非営利活動法人アイキャン 前事務局長代理)
副代表理事 龍田 成人(創設者/工学博士/特定非営利活動法人アイキャン元代表理事)
事務局長 莇 健太郎
理事・監事 理事
直井 恵(長野県立上田高校海外交流アドバイザー/草の根文化芸術コーディネーター)
宮脇 聡史(大阪大学大学院言語文化研究科准教授/文学博士)
平山 恵(明治学院大学教授)
楢木 隆彦(田園社会イニシアティブ株式会社 代表取締役/美濃加茂市SDGs推進協議会アドバイザー)
阿部 真奈(アイキャン元海外駐在員)
莇 健太郎(特定非営利活動法人アイキャン 事務局長)

監事
林 俊彰(税理士)
林 雅樹(ITコンサルタント)

定款 定款はこちらから
業内容 貧困や紛争下における地域開発事業
自然災害に対する緊急救援事業
講演や研修人材育成や啓発活動
物品販売やイベントの開催など

 

沿革

沿革はこちら
出来事/開始事業
1994 アジア日本相互交流センター設立
ミンダナオ 奨学金提供
マニラ 路上の子どもへの奨学金提供(~2000)
パヤタスごみ処分場物資提供(~1996)
日本 国際理解教育 文房具の物資輸送等
1996 ミンダナオ 現地小学校への学校給食提供(~2005)
1997 パヤタスごみ処分場 保健医療事業開始 無料診療、栄養改善、薬局運営、ヘルスワーカー育成等
日本 チャリティバザー
1998 日本事務局/マニラ事務所で従業員雇用を開始
1999 パヤタスごみ処分場 生計向上事業開始 職業訓練、技術指導、リーダーシップ研修等
サンイシロ幼稚園建設(~2009)
2000 特定非営利活動法人へ法人化
パヤタスごみ処分場の崩落事故
スタディツアー・海外研修開始
パヤタスごみ処分場 フェアトレード事業開始
2006 レイテ島南レイテ州 土砂崩れ災害緊急救援(~2007)
ミンダナオ 先住民地域での活動 学校給食、校舎建設、保健医療、生計向上、水資源確保等
ミンダナオ 紛争地域での活動 平和教育、校舎建設等
マニラ 路上の子どもたちとの活動 子ども保護、路上教育、保健・医療、生計向上等
2009 日本 多文化翻訳(~2015)
マニラ首都圏ケソン市 台風「オンドイ」緊急救援(~2010)
2010 日本 外務省NGO相談員受託
2011 ミンダナオ島ミサミスオリエンタル州 台風「センドン」緊急救援(~2012)
日本 東日本大震災緊急救援(~2013)
2012 ミンダナオ島東ダバオ州バガンガ町 台風「パブロ」緊急救援(~2013)
日本 スマイルチケット語学教室開始
2013 団体名称を変更 「アジア日本相互交流センター」→「アイキャン」
レイテ島タクロバン市、ドゥラグ町 台風「ハイエン」緊急救援(~2016)
2014 サマール島ドロレス町 台風「ハグピート」緊急救援(~2016)
2015 中東・アフリカでの活動を開始
イエメン 食糧提供事業開始
ジブチ事務所設立
2016 ジブチ 子どもの保護事業開始
日本 政策提言事業開始
2017 ミンダナオ マラウィ国内避難民緊急救援(~2017)
2018 東京事務所設立
ソマリア 水資源確保事業開始
2019 大阪事務所設立
長野事務所設立
日本 長野市 令和元年台風19号緊急救援
2020 ルソン島バタンガス州 タール火山噴火災害緊急救援