国際理解教育・講演の実施

アイキャンでは以下の活動を行っています。

  • 講演会の実施:小学校から大学までの授業や課外活動において、国際理解を促進するための講義やワークショップなどを実施しています。
  • 事務所訪問受け入れ:アイキャン日本事務局(名古屋)の事務所訪問の受け入れを行っています。(最大20名程度)
  • 絵手紙大会(ユースアクションプラン):日本の中高校生とフィリピンやジブチの子どもたちが参加する、絵手紙の交流会を開催しています。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みで連携する企業や団体、学校を募集しています。詳しくはお問合せください。

スタディツアー・1日事業地訪問

アイキャンのスタディツアーは、事業地の人びとや子どもたちとの交流満載のツアーとなっています。直接的な対話を通して、そこに住む人びとの生の声を聞くことで、本当に必要な事は何かを考え、学び、感じ、その後の生活の中で「自分にできること」を実践に移す人材の育成を目指しています。2000年より毎年、多くの方にご参加いただいており、アイキャンの開発プロジェクトへの理解を深める機会も提供しています。

老若男女問わず、幅広い層の方にご参加頂いています。詳しくはお問合せください。

フェアトレード

日本とフィリピンにおけるイベント、事務所、店舗などを通じフェアトレード商品を販売し、多くの人びとに社会問題やフェアトレードの必要性を伝えています。フィリピンのパヤタスごみ処分場での生計向上事業から、2005年に独立した女性フェアトレード団体(SPNP:パヤタスの生計向上のためにがんばる母親達)をはじめとする生産者団体の運営を支え、生産者のエンパワメントと収入向上を目的として、実施しています。

アイキャンでは、こうして出来たフェアトレード商品を販売しています。事務所にお越し頂くか、こちらのカタログをご覧の上、申込みフォームからネット注文もしていただけます。