トンド地区の住民へ研修を行いました

味の素ファンデーション様のご助成により実施している食行動改善事業において、フィリピン・トンド地区の住民に対して組織化研修を行いました。コミュニティの現状について話し合い、地域の子どもたちの栄養状態を改善することの必要性について共通の認識を持つとともに、アクティビティを通して、一人ひとりのリソースや能力を合わせることで、コミュニティに変化をもたらすことができるという学びを得ました。

これから一緒に活動を行っていく地域の人びとの理解や協力は、活動の持続性においても必要不可欠です。与えるだけの活動ではなく、そこに住む人々と「ともに」、生活が向上し続けるシステムを構築していくことを大切に、これからも活動に取り組んでいきます。