カリエが子どもの家の子どもたちへ職業訓練を実施!

 

 

 

 

 

 

先月末、協同組合カリエのメンバー4名が、「子どもの家」の子ども17名に対して、職業訓練を実施し、教育の重要性、将来の夢を叶える方法について共有しました。

職業訓練を実施したカリエメンバーからは、
「僕は路上で生活しているからという理由で、夢を語ってもバカにされたことがあります。子どもの家の子どもたちには、自信を持って夢を語って、そのために努力してほしいです。(ジョネルくん)」

「夢を叶えるためには、勉強をすることが大事だと、子どもたちに教えました。私が子どもの家の子どもと同じ年齢の時は、勉強せずに遊びたいと思っていました。勉強できる時にしないと、将来後悔することになることを、子どもたちが理解してくれると嬉しいです。(リカさん)」

などの声が聞かれました。

子どもの家のベンジー君(仮名)も、
「頑張って勉強します。将来は学校の先生になりたいです。」との意気込みを話してくれました!

今後も「協同組合カリエ」と連携をしながら、子どもたちの成長や自立を促していきます。