中東の最貧国イエメンでは、2015月3月に激化した紛争により、4万人以上の死傷者が出ており、現在も10分に一人の子どもたちが亡くなっています。2015年の1年間では、世界の紛争で最も多くの人々が住みかを追われた紛争となりました。イエメンは、その激しさと複雑さより「世界で最も活動することが困難な国」(WFP)とも言われており、また、世界の人々にその惨状が知られる機会は依然として限られています。そのため、アイキャンは、イエメンの紛争について社会に訴えるとともに、イエメン本国と対岸のアフリカジブチにおいて活動しています。

ICANイエメン事務所(サナア市)、ICANジブチ事務所(ジブチ)
イエメンタイズ州、ハッジャ州、ジブチオボックマルカジキャンプ
 中東の最貧国イエメンでは、2015月3月に激化した紛争により、4万人以上の死傷者がでています。現在も、220万人の子どもが重度の栄養失調で苦しんでおり、10分に1人の子どもが亡くなっています。このような中、約18万人が難民となり、内約3.6万人が対岸のアフリカのジブチに逃れました。ジブチにある「マルカジキャンプ」では、子どもたちが紛争で傷ついた心を癒す機会もなく、また、大人の不満や不安が充満するキャンプ内で、子どもたちは、安全に遊ぶことができない状況にあります。
2015年~現在
1) イエメン国内での生存に必要な食糧の提供
 紛争が最も激しいイエメンのタイズ州とハッジャ州において、小麦粉、砂糖、米、食用油、ミルク等の生存に必要な食糧と石鹸、おむつ、タオル、バケツ、洗濯用石鹸、女性用生理用品等の生活必需品を提供しています。
2) アフリカジブチにおける「イエメン難民の子どもの保護活動」
 ジブチ共和国北部に位置するマルカジ難民キャンプで避難生活を送るイエメンからの難民の子どもたちに対し、彼ら・彼女らが安心・安全に過ごせる場所として「子どもの広場」を設置するとともに、保護者への情報提供や保護者同士の協力の機会をつくり、過酷な難民キャンプにおいて子どもが子どもらしく育つことができる環境を整えています。
3) イエメン紛争を伝える活動
 世界最大の人道危機と言われながら、その存在すら知られていないイエメンの紛争について、様々な媒体を通じて、社会に訴える活動を行っています。

イエメンの状況をもっと知りたい方は、youtubeのBBCのドキュメンタリーをご覧ください。

アイキャンのイエメンでの食糧提供の様子がyoutubeにアップされています。

一人でも多くの子どもたちを救うために、ご寄付を募集しています。
ご寄付募集ページからお願いいたします。

プラバシーポリシー(PDF)
Copyright (c) ICAN All rights reserved.